ここから本文です

スティーブン・ソダーバーグ「パナマ文書」事件を映画化

映画.com 7月14日(木)19時30分配信

 [映画.com ニュース] スティーブン・ソダーバーグ監督が、パナマの法律事務所「モサック・フォンセカ」から膨大な機密文書が流出した通称「パナマ文書」事件の映画化を企画していることがわかった。

 パナマ文書は、世界各国の首脳や富裕層が、パナマなどのタックスヘイブン(租税回避地)を利用した金融取引で資産隠しを行っている可能性を示す、40年に渡って記録された1100万件以上の文書の電子データ。2015年に南ドイツ新聞が入手し、国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)とともに分析した結果を、16年4月3日に公表した。

 米Deadlineによれば、映画化はピュリッツァー賞受賞ジャーナリストのジェイク・バーンスタインの近刊「Secrecy World(原題)」を原作とする。バーンスタインは、国際調査報道ジャーナリスト連合のメンバーのひとりだ。

 ソダーバーグはプロデュースとおそらくは監督も務める予定だという。脚本執筆には、「サイド・エフェクト」「コンテイジョン」「インフォーマント!」でソダーバーグと組んだスコット・Z・バーンズがあたる。

最終更新:7月14日(木)19時30分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。