ここから本文です

韓国人の約半数が休暇を計画 7月末~8月初めに集中

聯合ニュース 7月14日(木)13時1分配信

【ソウル聯合ニュース】韓国人の約半数が夏の休暇に出かける計画を立てている。その多くが国内旅行に出かける予定だ。

 文化体育観光部と韓国文化観光研究院が14日、1379人を対象に実施した電話調査の結果を発表した。休暇を計画している、あるいは休暇を終えたと答えた人が全体の47.2%を占めた。昨年の調査に比べ5.5ポイント高い。

 休暇に出かける時期は7月の最終週と8月の第1週に66.4%が集中している。期間は平均2.9日。2泊3日(42.5%)との回答が最も多く、1泊2日(27.7%)、3泊4日(16.8%)の順となっている。

 訪問地としては、江原道(24.6%)や慶尚南道(13.5%)、忠清南道(10.7%)などの回答が多い。

 国内旅行を計画している人の支出額は1人当たり平均25万4000ウォン(約2万3300円)と、前年比ほぼ横ばいだった。

最終更新:7月14日(木)13時43分

聯合ニュース