ここから本文です

岡田結実 父のギャグ披露も“第2のお父さん”フジモンがダメ出し!

東スポWeb 7月14日(木)12時21分配信

 お笑いコンビ「ますだおかだ」岡田圭右(47)の長女でタレントの岡田結実(16)が14日、東京・東急プラザ表参道原宿で行われた森永乳業の期間限定店「ピノフォンデュカフェ」(15日~8月31日)オープニングセレモニーに一日店長として出席した。

 結実は開店前から、父親のギャグ「閉店ガラガラッ!」をかますと「最近、『出たッ』のギャグをやりすぎて、父から『カネくれ』と言われている。父との共演? 恥ずかしがると思う」と苦笑した。

 テレビでは“クールギャグ”の達人としてしゃべりまくる圭右だが、家では寡黙な父親だという。結実は「好きな野球やゴルフの話題についてはしゃべるけど、そのほかは口数が少ない。良く言えばクール」と証言する。

 この日は結実を小学生のころから知る、お笑いコンビ「FUJIWARA」の藤本敏史(45)がゲストとして登場。「2年生の時からタメ口だった。でも、“第2のお父さん”として成長を見守ってきた。活躍して僕もうれしい」と結実の晴れ姿に細い目をさらに細めた。

 芸能界屈指の“ギャグパクリスト”である藤本は「パクるからにはしっかり見て、リスペクトしてパクらなければ。相手がお父さんであってもそれは同じ。結実の『ウ~ワォ!』は間合いが違う。もっとよく見な」と指摘したが、結実は「お母さんに『間合いが変』と言われて今の形にした」と反論。藤本は「なんでおやじのギャグを母ちゃんに言われなあかんの」と首をかしげた。

 藤本の妻・木下優樹菜(28)と岡田の妻、結実は仲が良く“LINE友達”で、夫のグチを言い合っているのだとか。藤本と結実は「この夏は家族一緒に花火大会に行こう」と盛り上がっていた。

 なお、出席予定だった原西孝幸(45)は「2、3日で治る程度の軽い胃腸炎」(藤本)で欠席した。

最終更新:7月14日(木)12時32分

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。