ここから本文です

<ゴジラ>巨大な姿が田んぼアートに

まんたんウェブ 7月14日(木)21時37分配信

 青森県田舎館村の水田に巨大なゴジラの「田んぼアート」が登場した。海外でも人気のゴジラは12年ぶりの新作映画「シン・ゴジラ」(庵野秀明総監督・脚本、樋口真嗣監督・特技監督)の公開(29日)を控えて注目されており、甲子園のグラウンドとほぼ同じ約1万平方メートルの田んぼに描かれたゴジラは、ゴツゴツとした皮膚や、赤く光る体の表面の質感も忠実に表現されている。

【写真特集】赤い質感も忠実に再現

 田んぼアートは、田んぼをキャンバスに見立てて、色の異なる稲で巨大な絵を描くアートイベントで、同村が1993年から村おこしの一環として毎年実施している。ゴジラ作品は、質感も表現するため、7色9種の苗を使い、6月に総勢250人で田植えを行ったという。

 見ごろ宣言式が13日に現地で行われ、鈴木孝雄村長や苗生産者の佐々木光治さん、設計図を作成した工藤浩司さん、田植えをした地元高校生らと地元の園児が出席。高校生らは「ゴジラがすごく大きく奇麗で感動しました。努力の成果が表現されていてとても誇らしい」と“完成”した喜びをコメント。同村によると、今年の田んぼアートの集客数は過去最多の約40万人となる見込みという。

 「シン・ゴジラ」は、15年8月から製作を始め、10月で撮影が終了。現在は、編集作業に入っているという。俳優の長谷川博己さん、竹野内豊さん、女優の石原さとみさんが出演する。7月29日に公開される。

最終更新:7月14日(木)21時37分

まんたんウェブ