ここから本文です

SBS「神の声」出演の元「PARAN」Ryan、出演のきっかけは「親孝行したくて…」

WoW!Korea 7月14日(木)13時9分配信

韓国アイドルグループ「PARAN」の元リーダーで、現在は俳優として活動中のRyan(チュ・ジョンヒョク、32)がSBS「神の声」に出演した。

チュ・ジョンヒョクのプロフィールと写真

 去る13日夜放送のSBS「ボーカル戦争-神の声」に出演したRyanは、出演のきっかけについて「親子孝行がしたくて…」と明かした。

 MCに「久々のテレビ出演を決めたきっかけは? 」と問われると、「活発でよくしゃべる母から『いつテレビに出るの? 』とよく聞かれ、そのたびに『呼ばれたら出るよ』と答えていた」とし、「だけど最近、母の口数が減ってしまい…。僕がテレビに出るだけで喜んでくれる気がして、出演を決めた」とし、今回の出演は”親孝行”の一環でもあると語った。

 R&Bの大御所キム・ジョハンは「私はオーバーに歌ってしまう方なのだが、Ryanは淡白にすっきりと歌いあげるスタイル。表現法もすばらしい」と称賛した。

 また、”モムチャン(体つきが良いことを意味する造語)”で有名なRyanは観客の要望に応えて割れた腹筋を披露。会場には女性ファンの悲鳴がこだまし、Ryanの大ファンを公言するタレントのイ・グクジュは、私物のスマホで腹筋を撮影し爆笑させた。

なお、Ryanは来る9月25日、東京にてグループ「PlusM」と共にファンミーティングを開催し、日本ファンの前に登場する予定だ。

最終更新:7月14日(木)13時9分

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。