ここから本文です

阪神・江越が救った!バレ大飛球をダイブキャッチ 金本監督「2打点の価値」

デイリースポーツ 7月14日(木)7時0分配信

 「ヤクルト2-4阪神」(13日、神宮球場)

 阪神・江越大賀外野手の超美技が勝利を手繰り寄せた。2-1の六回無死一、二塁。バレンティンの打球は右中間へと舞い上がった。中堅・江越は猛然と落下地点へと走り「迷いはなかったです」とダイビング。目いっぱい伸ばした左手には、しっかりとボールが握られていた。

 「打席で結果が出ていなかったので、こういう形で貢献できて良かったです」

 抜けていれば一気に逆転を許していた可能性が高い。タッチアップで二走・川端の三進は許すも、マテオが後続をねじ伏せ、結局無失点。金本監督は江越の守備に賛辞を惜しまない。

 「あれはスーパープレー。2打点の価値がある」

 この日は7日・巨人戦(東京ドーム)以来のマルチ安打を記録。さらに今季2個目の盗塁も決めた。指揮官は、逆転の機運を高めた延長十一回の左前打を「ああいう場面で打つための気持ちの強さ。技術もそうだけど、ああいう場面で打ってこそ打者の価値がある」と称賛した。

 6日・巨人戦から7試合連続スタメン出場中で、打率・308。金本監督から連日熱血指導を受け、徐々に状態は上がってきた。それでも、江越は打撃面での課題を強調する。

 「体を開かないことが一番だと思います。それと右足にしっかりと体重を乗せて、インパクトで力を伝えること。まだ手探り状態ですが、なんとか身につけたいと思います」

 鳴尾浜にいた5、6月は掛布2軍監督の薫陶を受けた。「左足が突っ張ってしまうことがあるから、柔らかく使うように」。助言を聞き、体にすり込ませた。試行錯誤の日々は今後も続く。最大の魅力であるフルスイングは、まだ発展途上だ。

 攻守にわたる成長が「超変革」を加速させる。前半戦の最後に、江越がポテンシャルの高さを見せつけた。

最終更新:7月14日(木)7時51分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]