ここから本文です

富岡の桜並木に歓声 町が3次元画像初公開

福島民報 7月14日(木)12時19分配信

 東京電力福島第一原発事故の影響で全町避難が続く福島県富岡町は13日、町内夜の森地区にある桜並木の3次元画像を初公開し、富岡一中と富岡二中の生徒が故郷の風景を疑似体験した。
 郡山市の町役場桑野分室で行われた初公開には、三春町の富岡小中学校三春校に通う2年生8人が参加した。ゴーグル型の画像再生装置に桜並木や富岡二中、周辺の町並みが映し出されると「懐かしい」「すごい」などと歓声が上がった。
 震災発生時に富岡二小2年生だった遠藤雅也さん(13)は「震災後初めて夜の森の桜を見ることができた」と笑顔を見せた。
 町は桜並木のほか、震災発生時に町災害対策本部が置かれた学びの森をはじめ、子安観音、富岡漁港などの3次元画像を同分室で公開している。平日午前8時半から午後5時15分まで。問い合わせは町教委教育総務課 フリーダイヤル(0120)336466へ。

福島民報社

最終更新:7月14日(木)12時26分

福島民報