ここから本文です

SMAP中居“野球VSサッカー”議論で熱弁「野球は二日酔いでもできる」

東スポWeb 7月14日(木)14時28分配信

 SMAPの中居正広(43)が13日に放送された日本テレビ系「ナカイの窓」に出演。不思議な野球愛を語った。

 この日の放送は「野球VSサッカー」がテーマ。野球好きとサッカー好きが、お互いが支持する球技の魅力について語り合った。

 サッカー元日本代表FW福田正博氏(49)や元大洋ホエールズ(現DeNAベイスターズ)の高木豊氏(57)らが登場し、それぞれの魅力を力説。その中で中居は「野球は二日酔いでもできます。サッカーできないでしょ。ベロベロで次の日ピッチに立てますか?」といささか怪しい理屈で野球の魅力を訴えた。

 これに対して福田氏は「立てないですね」とうつむいたが、野球界代表の高木氏は「立ちました」と手を挙げて即答。MCの「ハリセンボン」近藤春菜(33)に「自慢することじゃないでしょ」と突っ込まれるも「べろんべろんで、面倒くさいなと思って、1球目から打ったらセンター前ヒット」とドヤ顔を見せた。

 野球優勢の流れに福田氏が「野球は毎日やっても体が持つわけじゃないですか」と切り込むが、高木氏が「持たしてるんです」と反論。中居も「自主トレ、キャンプ、オープン戦の間に(シーズンの)半年間ずっとやるために蓄えをやっている。練習はうそをつかない」と熱弁を振るうとその熱さに会場からは拍手が起きた。

最終更新:7月14日(木)14時34分

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。