ここから本文です

ゴジラ田んぼ 甲子園グラウンドと同じ面積、7色9種の苗使用

デイリースポーツ 7月14日(木)7時1分配信

 映画「シン・ゴジラ」(29日公開)を題材にした水田が青森県田舎館村に出現した。稲で絵を描く恒例イベント「田んぼアート」の新作で、見ごろ宣言式が13日、同所で開かれた。

 甲子園のグラウンドとほぼ同等の面積(約1万平米)を誇る水田に描かれたゴジラは、ゴツゴツした皮膚や赤く光る質感を忠実に再現するため、7色9種類の苗を使用。今年6月に総勢250人で田植えしたという。

 鈴木孝雄村長は「世界的に有名なゴジラを、この田舎館村から世界に発信できるということを光栄に思います」と笑顔。8月中旬ごろまでが見ごろで、10月下旬に収穫する。

 同アートは93年から村おこしの一環で始まり、昨年は「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」、2014年は「ウルトラマン」とコラボしている。

最終更新:7月14日(木)7時54分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。