ここから本文です

佐々木希×比嘉愛未×ミムラ「カノン」予告編、3姉妹の母役は鈴木保奈美

映画ナタリー 7月14日(木)12時0分配信

比嘉愛未、ミムラ、佐々木希が3姉妹を演じた「カノン」の予告編がYouTubeにて公開された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

雑賀俊朗が監督を務めた本作は、富山、東京、石川で暮らす3姉妹と、19年前に亡くなったと思われていた母親の絆を描く人間ドラマ。教員を務める次女・藍役を比嘉、専業主婦として暮らす長女・紫役をミムラ、老舗料亭の女将を継いだ三女・茜役を佐々木がそれぞれ演じている。

同時に、本作の追加キャストも発表に。心に闇を抱え、3姉妹と再会したときにはアルコール性認知症と闘っていた母の美津子に、鈴木保奈美が扮する。また人を愛することに臆病になった藍を支える恋人・聡役で桐山漣も参加。ほか多岐川裕美、古村比呂、長谷川朝晴、島田陽子も出演している。

このたび公開された予告編には、祖母の遺言状から母が生きていることを知り、真実を探すため動き始めた3姉妹の様子や、病と闘う母・美津子の姿が。終盤には、3人がピアノでクラシック曲「カノン」を演奏するシーンも映し出される。

「カノン」は10月1日より東京・角川シネマ新宿ほかにて全国ロードショー。

※桐山漣の漣はさんずいに一点しんにょうが正式表記

鈴木保奈美 コメント
難しい役に挑戦する機会をいただいて感謝しています。どんな人生にも光が射す瞬間があり、報われない命など無い。その命を繋ぐのは女達の強さなのだ。そんなメッセージを富山の海から受け取ったような気がしています。



(c)2016「カノン」製作委員会

最終更新:7月14日(木)12時0分

映画ナタリー