ここから本文です

ボーイング、新造機需要を予想…単通路機の需要拡大

レスポンス 7月14日(木)14時15分配信

ボーイングは、ファンボロー航空ショー開催初日に合わせて「2016年最新市場予測」を発表した。今後20年間の新造機需要は機数ベースで3万9620機、前年予測より4.1%増、金額ベースでは5兆9000億ドルとなる見込み。

[737 MAX 8]

2035年までの新造機のサイズ別内訳はリージョナル機が2380機、単通路機が2万8140機、小型ワイドボディ機が5100機、中型ワイドボディ機が3470機、大型ワイドボディ機が530機。

地域別ではアジアが最多で1万5130機、北米が8330機、欧州が7570機、中東が3310機、南米が2960機、アフリカが1150機、C.I.S.が1170機を予想する。

特に力強いのはLCC(ローコストキャリア)と新興国市場が牽引する単通路機市場で、セグメントでは2万8140機、前年予測より5%以上増の新造機需要が発生すると予想する。

ボーイング民間航空機部門のマーケティング担当であるランディ・ティンゼスバイス・プレジデントは「金融市場は最近の出来事で大きな影響を被ったものの、航空機セクターでは民間航空機の市場規模が倍増し、長期的成長が続く見通し。ボーイングでは、旅客数が今後20年にわたって毎年4.8%のペースで増加すると見込んでいる」とコメントしている。

単通路機市場の中核となるのは最新鋭のボーイング『737 MAX 8』と現行「737-800」型機。このサイズの航空機は世界の単通路機受注残の76%に相当する。ワイドボディ機市場では9100機の新造機需要が創出、2021年から2028年の間には潜在的な代替需要が本格化する見通し。

ボーイングでは、引き続き超大型機から『787』、『777』、「777X」のような中小型ワイドボディ機へのシフトが進むと見ている。

《レスポンス レスポンス編集部》

最終更新:7月14日(木)14時15分

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]