ここから本文です

Unityで制作したPS VRコンテンツを募集するコンテスト“Made With Unity Contest with PlayStation VR”の応募概要が公開

ファミ通.com 7月14日(木)15時56分配信

●選出された企画は、実際にリリースされるためのサポートを受けられる!
 2016年7月9日~10日に行われたインディーゲームの祭典“BitSummit 4th”内で発表された、プレイステーション VR(以下、PS VR)用コンテンツのコンテスト“Made With Unity Contest with PlayStation VR”。その応募概要が公開された。

[関連記事]
サイゲームスとUnity、SIEが協力してのプロジェクトの詳細が判明 インディーゲームクリエイターよ、いまこそVRコンテンツを作るときだ
「PS VRで世界に勝負してほしい」 ーーBitSummit会場で吉田修平氏を直撃インタビュー
SIEJAのPS VRのキーパーソン、秋山賢成氏に聞く、「VRはクリエイターの“想い”を形にできる」

 このコンテストは、インディーゲーム開発者や学生など、企業や個人を問わず幅広い層を対象に、プレイステーション VR用コンテンツ企画の実現をサポートすることを目的とするもの。

 コンテストで選定された企画については、ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジアがパブリッシャーの紹介及び開発機材の貸出など、実際に製品としてリリースされるためのサポートを行う。なおこのコンテストでは、作品開発にゲームエンジンUnityを使用することが指定されている。

●特別審査委員より応募者へのメッセージ
■ソニー・インタラクティブエンタテインメント ワールドワイド・スタジオ プレジデント 吉田修平氏
VR技術の良さは、『普段行けないところに行ける』、『普段出来ないことが出来る』、『普段会えない人(キャラクター)に会える』という体験を作り出せることです。
優れたアイデアさえあれば、Unityの力で、世界の最先端の開発者をも驚くようなVR体験を個人や少人数でも作り出すことが出来ると信じています。皆さんのチャレンジをとても楽しみに待っています。

■ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社 日本担当ディレクター 大前広樹氏
VRゲームは本当にまだ始まったばかりで多くの可能性があります。そして、おそらくそれ以上に多くの問題や困難も待ち受けている領域です。
Unityは全力でできる限りの問題を解決していきますので、ぜひおそれずにさまざまなアイデアを巡らせて、このコンテストに向けてVRゲームの始まりとして人々の記憶に残るような、とっておきのVR体験を作り上げてください!皆さんの熱い作品を体験する時を楽しみにしています!

■株式会社Cygames 取締役CTO 芦原栄登士氏
VRは没入感や臨場感が高く、本当にゲームの世界の中にいるかのような体験や、目の前にキャラクターが立っているかのような体験ができます。これらの「今までのゲームにはなかった新しい体験」をどのように生み出すか、現在、様々な開発者がアイデアを練っていると思います。
VRはまだ始まったばかりです。個人や企業、規模の大小に関わらず、最高のコンテンツを世に出せるチャンスは誰にでもあります。
私たちの審査はCygames基準で行いますので、最高のコンテンツをお待ちしています。そして、今回のコンテストの作品の中から、優れたアイデアが生まれることを期待しています。

●応募概要
応募期間:2016年7月下旬~8月31日(水)
対象者:Unityでのコンテンツ開発が可能な方
選考結果発表:2016年9月中旬 予定
副賞:SIEJAによるパブリッシャーのご紹介及び開発機材のお貸出し
応募方法:エントリーフォームからご応募ください
募集概要:ゲーム作品からインタラクティブアートまで、PS VR用コンテンツであれば可
選考メンバー:株式会社株式会社Cygames をはじめとする国内パブリッシャー数社、ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社、及びソニー・インタラクティブエンタテインメント
応募ページ:http://www.jp.playstation.com/psvr/mwuc/ リンクは→こちら

最終更新:7月14日(木)15時56分

ファミ通.com