ここから本文です

<デスノート>川栄が渋谷を大混乱に? 続編最新映像が公開

まんたんウェブ 7月15日(金)12時0分配信

 東出昌大さん主演の映画「デスノート Light up the NEW world」(佐藤信介監督、10月29日公開)の最新特報映像が15日、公開された。映像は約1分で、川栄李奈さん演じるデスノート所有者のさくらが渋谷の街中を大混乱に陥れる様子からスタートする。東出さん演じる捜査官・三島創や、池松壮亮さん演じる名探偵「L」の後継者・竜崎、菅田将暉さん演じるサイバーテロリストの紫苑、戸田恵梨香さん演じる“ミサミサ”こと弥海砂らも登場する。

【動画】デスノート最新映像

 映画「デスノート」は大場つぐみさんが原作、小畑健さんが作画を手がけ、2003~06年に「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載されたマンガが原作。名前を書かれた者が死ぬ「デスノート」を手に、自分の正義で犯罪者を裁き“理想郷”を作ろうとする夜神月(やがみ・らいと)と、名探偵「L」が頭脳戦を展開するストーリーで、テレビアニメや実写映画、舞台、ドラマにされた。

 「デスノート Light up the NEW world」は、月を藤原竜也さん、Lを松山ケンイチさんが演じた前作「デスノート」(2006年公開)から10年後が舞台。再び死神が地上にデスノートをばらまき、世界中が大混乱に陥る中、“デスノートヲタク”と呼ばれるほどキラ事件に精通した三島は、デスノート対策本部で捜査を継続していた。竜崎とともに、ロシアやウォール街、渋谷でのデスノートによる大量殺人の事件解明にあたった対策本部は地上に6冊のデスノートが存在すると突き止めるが、キラウイルスと呼ばれるコンピューターウイルスが世界中に拡散され、「他の所有者に告ぐ。速やかに私に差し出せ」とデスノートの提出を呼びかけるメッセージが出される……というストーリー。10月29日公開。

最終更新:7月15日(金)12時0分

まんたんウェブ