ここから本文です

大人が選ぶ『ファインディング・ドリー』の好きなキャラクター、堂々の1位は!?

Movie Walker 7/14(木) 15:05配信

全米アニメーション史上歴代1位のオープニング成績を樹立するなど、大ヒット中の話題作『ファインディング・ドリー』(7月16日公開)。日本での公開に先駆け、Movie Walkerでは独占試写会を実施し、“好きなキャラクター総選挙”を開催。気になるその結果と共に、本作の愛らしいキャラクター達を紹介する!

【写真を見る】7本足のタコ、ハンクは意外とイケメン?

■ 総選挙は大波乱!?主役を抑えて新キャラが堂々の1位に!

Movie Walker独占試写会の鑑賞者のアンケートを集計した結果、総選挙1位を獲得したのは新キャラクターのハンク。7本足のタコのハンクは、ドリーが迷い込んだ水族館で出会う、敵か味方かわからないミステリアスなキャラクターだ。

一見キモカワなハンクがなぜ1位に?と思いきや、鑑賞者からは大絶賛の嵐!「最初は嫌なやつかと思ったけどめっちゃ良いキャラだった!かっこよかった」(20代女性)、「なんだかんだ良いやつで男らしくてみんなを助けてくれる親分的なところが好き」(40代女性)など、特に女性を中心に人気を集めた。外見に反して(!?)、実は男らしくてイケメンな素顔を持つハンク。公開後も人気が出ること間違いなし!?

■ ディズニーキャラクター屈指の人気者が2位に!

続いて2位に輝いたのは、極度の忘れんぼうのドリーだ。前作『ファインディング・ニモ』(03)の公開時から高い人気を誇っていたドリーは、本作で遂に主人公の座をゲット!実は、ディズニーキャラクターの公式Facebookのいいね!数が2517万8969件(7月9日現在)と、ミッキーマウスやニモを超えて堂々の1位を獲得するほどの人気モノなのだ。

「ドリーは忘れんぼうを個性に変えちゃうのが魅力。前作から大好き!」(10代女性)、「いつも一生懸命で見ていて応援したくなる!」(30代女性)と、今作でもその人気ぶりは健在!どんなときでも明るくて前向きなドリーは、見ているだけで元気をもらえる存在のようだ。

■ 可愛らしいカクレクマノミ(=ニモ)の人気も健在!

そして3位にランクインしたのはキュートな姿が人気のニモ。前作では人間に連れ去られ迷子になってしまったニモだが、今回はドリーのために頑張るちょっと成長した姿を見せている。

「前作よりたくましくなっていた気がする。泳ぎ方がカワイイ!」(40代女性)、「相手をちゃんと信じられるところがいい」(20代女性)と、前作同様ニモの可愛らしさは抜群!今度はドリーを助ける立場となったニモが、どんな活躍を見せてくれるのか、ぜひ注目してほしい。

■ まだまだ可愛い海の仲間たちが続々登場!

このほかにも、泳ぎが苦手なジンベエザメのデスティニーや、ニモの父で心配性のマーリン、特殊能力がなくなったと思いこんでいるシロイルカのベイリー、ニモの学校のエイ先生、カメのクラッシュと息子のスクワートなど、前作以上に個性豊かなキャラクターがたくさん登場。

感動的なストーリーを盛り上げてくれる、あなただけのお気に入りのキャラクターをぜひ見つけてみてほしい!【Movie Walker】

最終更新:7/14(木) 15:05

Movie Walker

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]