ここから本文です

【マツダ アクセラ 改良新型】小飼社長、「運動性能を飛躍的に向上」

レスポンス 7月14日(木)15時13分配信

マツダは7月14日に横浜市の研究施設で、小飼雅道社長が出席し、大幅な改良を図って同日発売した『アクセラ』のメディア向け説明会を行った。

[関連写真]

注目のテクノロジーとして「G-ベクタリング コントロール」と呼ぶ新世代の車両運動制御技術を搭載した。ハンドル操作に応じてエンジンの駆動トルクを緻密に変化させることで、走行安定性や車の操作性、乗り心地を高める世界初の技術だ。

マツダはこうした運動制御技術を「SKYACTIV-ビークル ダイナミクス」と名付け、今後シリーズ化を図っていく計画だ。G-ベクタリングについては順次、全車種に標準搭載するという。

説明会で小飼社長は「世界初の技術で運動性能を飛躍的に向上させた」とG-ベクタリングを紹介し、「アクセラは今回の大幅改良で、商品レベルを数段階上げることができた。これをマツダの新たなチャレンジの始まりとしたい」と、アピールした。

《レスポンス 池原照雄》

最終更新:7月14日(木)15時13分

レスポンス