ここから本文です

鉄拳、強制送還…前時代を知るから…金本阪神、球宴のち残り56試合

デイリースポーツ 7月14日(木)11時0分配信

 「ヤクルト2-4阪神」(13日、神宮球場)

 今の時代では考えられない。広島カープを担当していた1999年。キャンプ地の日南天福球場で衝撃のシーンにお目に掛かった。練習中、当時ヘッドコーチの大下剛が5年目の福地寿樹の姿勢がなっていないと叱責(しっせき)し、平手打ちをかましたのだ。カープナイン、そして僕ら報道陣も凍りついた。

 「帰れ!」

 「帰りません!」

 そんな押し問答が数分続いただろうか。強制送還を命じられた福地は、ほどなくグラウンドから姿を消した。

 「あれは絶対に忘れない…。でもね、自分がこうやって指導者になってみて思うこともあるんですよ。大下さんが本当は優しい人だと知っていたし、色んな表現の仕方があるから。あそこまでやってくれるということは、今思えば俺ができていなかったんだと思うし、大下さんはあの日まで何度も何度も我慢していたんだと思う…」

 この夜、僕は神宮球場の一塁ベンチへ足を運び、ヤクルト守備走塁コーチの福地と17年前を懐かしんだ。広島からトレードで西武を経て、FA石井一久の人的補償として08年にヤクルトへ移籍。同年、赤星憲広をしのぎ盗塁王を獲得した遅咲きの苦労人だ。昨季三塁コーチャーとしてヤクルトのリーグ制覇に貢献した福地は今、指導者として、「育てる」醍醐味(だいごみ)を味わっている。

 福地の元同僚、金本知憲はこの夜、球宴前の総括会見で言った。「簡単にはうまくいかないと思っていたし、変われたとは思っていない」と。監督就任時、金本のバックアップを約束したオーナーの坂井信也は、今の時代の指導法について、シーズン前にこんなことを話していた。

 「今は情報があふれているので、昔みたいにコーチの言うことが絶対でこれしかないということではなくて、自分で色んな情報を取れる。我々の時代は上からこうだと言われたら金科玉条のごとく、それしかできないと思っていたけれど、今の時代はそうではない」

 確かに福地もそういうものを痛感しているようで「今はあの時代とは全然違うから」と言う。だが一方で、時代を問わず普遍の定めがあるとも話すのだ。

 「当時は僕のレベルで一生懸命でしたけど、それだけじゃダメ。一生懸命は皆やる。仕事だから。一流になるには自分に足りないところに自分で気付き、それを探せるかどうか。どれだけ有望な若手だって、それを怠ると平凡になりますよ」

 広島で同じ釜のメシを食った金本もそうだが、前時代的な指導を受けた者だから前時代の是非が分かる。球宴ののち残り56試合…今と昔、その心を通わせる、長い旅路になる。=敬称略=(阪神担当キャップ・吉田 風)

最終更新:7月14日(木)11時12分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月28日(水)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]