ここから本文です

広島・芸備線で土砂流入による脱線事故…一部で運転見合わせ

レスポンス 7月14日(木)16時11分配信

芸備線の西三次~志和地間(広島県三次市)で7月14日、列車が土砂に乗り上げて脱線した。この影響で芸備線は一部の区間で運転を見合わせている。

運輸安全委員会の発表などによると、事故は7月14日の5時40分頃に発生。三次発・広島行き普通列車が約70km/hの速度で走行中、線路に土砂が流入しているのを運転士が見つけた。非常ブレーキをかけたが間に合わず、列車は土砂に乗り上げて停止。運転士が列車を降りて確認したところ、先頭車両の前後台車の複数軸が脱線していた。

JR西日本が15時10分時点で案内しているところによると、芸備線は事故区間を含む三次~甲立間で運転を見合わせており、代行輸送を行っている。このほか、甲立~広島間でも一部の列車の運休や5~20分程度の遅れが発生している。

《レスポンス 草町義和》

最終更新:7月14日(木)16時11分

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]