ここから本文です

復調ビシエドは中日の“主砲兼用心棒”

東スポWeb 7月14日(木)16時31分配信

 中日は13日のDeNA戦(横浜)に2―7で敗れ、今季最多タイの借金6。前半戦を4位で折り返しとなり、谷繁元信監督(45)は「いいか悪いかでいうとよくはないね」と話したが、明るい材料は主砲のダヤン・ビシエド外野手(27)の復調だろう。この日も19号2ランを含む2安打2打点で、7月は44打数19安打の打率4割3分2厘、3本塁打、13打点だ。

 そのビシエドは7月に入ってからバット以外の“働き”でもチーム内の評価が上がっている。それは8日のヤクルト戦(神宮)でジョーダンから死球を受け、ヘルメットを投げつけるなど激高したバレンティンを、一塁を守っていたビシエドが体を張って止め、スペイン語で「冷静になれ、落ち着け」と言い聞かせてなだめたこと。「あれだけ興奮していたバレンティンに、とっさに立ちはだかるなんてなかなかできないよ」とチーム関係者。別の関係者は「ビシエドがいなければ、ジョーダンやウチのほかの選手も大けがしたり、大乱闘になっていたかもしれない。ある意味、前半戦のMVPだよ」というほどだ。

 これについてビシエドは「バレンティンが怖くなかったかって? 全然! 俺の辞書に“怖い”という文字はない。けんかをやりに行ったわけではないし、チームメートとして当然のことをしたまでだよ」と涼しい顔で話す。ナニータの右胸打撲での離脱もあり、11日から左翼でスタメン出場しているが「何かあれば俺は外野からでも走って駆けつけるよ」とも。

 頼もしいばかりの“主砲兼用心棒”ビシエド。後半戦はさらなる活躍の期待大!?

最終更新:7月14日(木)16時31分

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]