ここから本文です

個人企業共通の経営問題は「需要の停滞」国調査

エコノミックニュース 7/14(木) 11:35配信

 総務省の個人企業経済調査で27年の年間売上高は製造業、宿泊業・飲食サービス業で増える一方、卸売業、小売業、サービス業は減少していたことが分かった。経営上の問題点では製造業の66.9%が需要の停滞をあげた。次いで、原材料や仕入れ価格の上昇(42.9%)。宿泊業・飲食サービス業も仕入れ価格上昇71.6%、需要停滞63.8%と同様傾向。卸売業・小売業も76.3%が需要の停滞をあげた。

 調査結果によると、製造業の1事業所当たりの年間売上高は999万4000円で前年比1.9%増。微増ながら3年連続して増加していた。宿泊業・飲食サービス業も945万7000円で9.9%増加した。一方、卸売業・小売業は1565万円と3.4%減少。こちらは3年連続の減となった。サービス業も488万8000円で8.7%減っていた。

 年間営業利益では製造業は256万6000円、前年比21.8%の増。営業利益率は25.7%と平成20年(25.6%)水準になった。宿泊業・飲食サービス業は144万3000円で5.5%の伸び。額は少ないものの、4年連続で増加した。一方、営業利益率は15.3%と前年より0.6ポイント下がった。

 卸売業・小売業は158万1000円で、前年比0.8%の減少。営業利益率は10.1%で0.3ポイント上がった。サービス業は151万2000円で前年より6.3%の減少。営業利益率は30.9%で前年より0.7ポイント上昇していた。

 事業主の年齢構成では製造業の76.3%、卸売業・小売業の72.5%、宿泊業・飲食サービス業の67.8%、サービス業の66.5%が60歳以上になっていた。特に卸売業・小売業では80歳以上が15.2%に上っており、高齢化が顕著。

 後継者の有無では卸売業・小売業では20.1%がいるとし、製造業は18.2%、サービス業では17%だったが、宿泊業・飲食サービス業は13.7%に留まっていた。(編集担当:森高龍二)

Economic News

最終更新:7/14(木) 11:35

エコノミックニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。