ここから本文です

【マツダ アクセラ 改良新型】月間販売計画は2500台…1.5リットルディーゼル追加し2.0ガソリンは廃止

レスポンス 7月14日(木)16時15分配信

マツダは7月14日に『アクセラ』を大幅改良して発売した。エンジンのトルク制御で運動性能を高める新技術を標準装備するとともに、新たに1.5リットルのクリーンディーゼル車を設定した。

[関連写真]

ディーゼルは従来の2.2リットルとの2本立てとなった。一方で2.0リットルのガソリン車はなくし、ガソリンは1.5リットルと2.0リットルのハイブリッド車となった。

同日、横浜市の研究施設で開いた発表会に出席した小飼雅道社長は、月間の国内販売計画を2500台に設定し、ディーゼル車比率は約50%と見込んでいると明らかにした。

マツダによると、アクセラの今年1~5月の国内販売実績でのディーゼル比率は、11%にとどまっている。求めやすい価格で動力性能も高い1.5リットルディーゼルの設定で、ディーゼルのウェートを大幅に高める。

また、ディーゼルのうち6割程度が1.5リットルになると想定している。小飼社長はこれを機に「日本をはじめグローバルでクリーンディーゼルの更なる普及に取り組んでいく」と、強調した。

《レスポンス 池原照雄》

最終更新:7月14日(木)16時32分

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]