ここから本文です

「日韓交流おまつり」 9月24~25日に東京で開催

聯合ニュース 7月14日(木)16時20分配信

【ソウル聯合ニュース】在日韓国大使館は14日、韓国と日本の交流イベント「日韓交流おまつり2016 in Tokyo」が9月24、25の両日、東京・日比谷公園で開催されると明らかにした。

 今年は「共に創ろう 新たな50年」をスローガンに、K―POPコンサート、K―POPカバーダンス、交流クイズ大会、両国の伝統舞踊公演などのプログラムが予定されている。

 また、熊本地震の被災者を応援するイベントが開かれるほか、会場には韓国料理販売コーナーや韓服(韓国伝統衣装)試着コーナー、韓紙工芸体験コーナーなどのブースも設置される。

 鄭進(チョン・ジン)実行委員長は「今年は韓日国交正常化の新たな50年に向けた出発点なのでスローガンを『共に創ろう 新たな50年』に決めた。開幕式には両国の政官界の関係者が大勢出席し、未来志向的な韓日関係の構築を願うだろう」と述べた。

 おまつりは2005年から毎年、韓国・ソウルで開催され、2009年からは東京でも開かれている。ソウルでは10月2日に総合展示場・COEXで行われる。

最終更新:7月14日(木)16時24分

聯合ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。