ここから本文です

DAIGO、松田龍平のDAI語に完敗「ぼくより高度」

デイリースポーツ 7月14日(木)12時30分配信

 歌手・DAIGO(38)が14日、都内で、女優・松嶋菜々子(42)主演のフジテレビ系ドラマ「営業部長 吉良奈津子」(21日スタート、木曜、後10・00)の完成披露試写会に出席。共演者で俳優・松田龍平(33)に“DAI語”で“完敗”したことを明かした。

 4月29日に開催した女優・北川景子(29)との披露宴で歌い、シングル発売した楽曲「KSK」を松嶋と松田にプレゼントしたDAIGOは「CDをお渡しした。例のやつを。松田さんは『曲を出したんですか?』と僕の本業がミュージシャンと知らなくて」と苦笑い。「KSK」は「結婚、して、下さい」を略した“DAI語”だが、「松田さんは『この俺と、生涯、暮らしてくれませんか?』ですか?と。僕よりも高度なDAI語だった。ミュージシャンとしてはもっと頑張りたい」と脱帽した。

 イベントでは、役柄にキャッチコピーをつけて紹介。広告代理店のクリエイティブディレクター役の松田は「苦手なやつだ」と苦笑いしながらも、「気持ちが読メンズ」と「読めない」と「メンズ」をひっかけたシャレをひねり出した。DAIGOは「いろんな才能をお持ちですよね。発想がすごい」と舌を巻いた。負けじと自身が演じる、謎が多い広告営業開発部勤務の一条達哉役について、「NNYOITですね。謎が、謎を、呼ぶ、男、一条、達哉。きょうはこれがもうベスト」と本家の“DAI語”で対抗していた。

 DAIGOは今作がフジテレビの連ドラ初出演。イベントでは、「俳優のDAIGOです」と自己紹介しながら、「まじめな役なのでフォトセッションで“ウィッシュ”は割愛させていただきます」と予告。その言葉通り、“ウィッシュ”を封印して俳優・DAIGOをアピールしていた。

最終更新:7月14日(木)14時50分

デイリースポーツ