ここから本文です

【フリーダムズ】葛西 怪獣マッチで初防衛失敗

東スポWeb 7月14日(木)16時37分配信

 フリーダムズの“狂猿”葛西純(41)プロデュースによるデスマッチ興行(13日、後楽園ホール)が行われ、葛西はビオレント・ジャックに敗れて「KING of FREEDOM」王座初防衛に失敗した。

 正体不明のマスクマンが“メキシコの怪獣”を名乗るとあって、葛西はウルトラマン風のマスクをかぶって登場。リング上には、国会議事堂など東京都内の風景を再現した特撮的デスマッチアイテムが設置された。

「シュワッチ!」と怪獣退治を狙った葛西だが、最後はブロック上に強烈なパッケージドライバーで叩きつけられKO負け。王座転落となった。

 新王者は日本語で「今、俺様がデスマッチのイチバンだ」と勝利をアピール。葛西は「予想以上に強かった。“怪獣”にこだわりすぎた。プロレスラーって難しい。勝負に徹すれば勝てたが、お客さんを楽しませようと思いすぎてしまった…」と敗因を分析した。

 プロデュース興行で大恥をかいた葛西の巻き返しに注目だ。

最終更新:7月14日(木)16時37分

東スポWeb