ここから本文です

うまくいく人がしないこと

ITmedia ビジネスオンライン 7月14日(木)10時46分配信

※この記事は「経営者JP」の企画協力を受けております。

●一流のすることをするよりも、一流のしないことをしない

 一流になるためには、一流がしていることをして、一流がしていないことをしなければいいのです。

 それだけです。

 「自分がしていなくて、一流がしていること」というのは、まだ気づきやすいのです。むずかしいのは、何をしていないかに気づくことです。

●一流は 記念写真を撮らない。

 一流は、写真を撮ることを忘れるくらい感動するディズニーランドで、パレードの写真を撮っている人がいます。写真を撮るのは、それだけ冷静だということです。本当に感動している時は、パレードに見入って、写真を撮るのを忘れます。

 レストランで、おいしい料理を食べる時も同じです。本当に感動している時は、「しまった。写真を撮らなくちゃ」と思った時は、すでに食べかけです。

 最初から写真を撮っている人は、料理に感動していないのです。

 情報化社会になると一流が減るのは、記念写真が増えるからです。ディズニーランドのパレードで、ミッキーを見ないでスマホの画面ばかり見ているのです。

 これではナマの感動を味わえません。

 一流は本当に楽しんでいて、写真を撮ることなど忘れているのです。

 ニューヨークに行った時にカメラを買いました。ニューヨークで買うほうが、いいカメラが安く買えるのです。そのカメラで怖い地域の写真を撮ろうと思っていました。

 よくよく考えると、怖い地域でそんなカメラを持っていたら、盗られます。結局、写真は観光地でしか撮れませんでした。本当に撮りたいところでは、写真は撮れないのです。記念写真が、いかに感動を薄めているかということです。結局、絵はがきの確認にしかならないのです。

 しかも、それはブログに載せるための写真です。

 例えば、本当に仲のいい友達とは写真を撮りません。一緒に楽しむことがメインです。

 写真を撮っている人は、あまり仲のよくない人です。仲よくないから、「写真でも撮っておかないと」ということになるのです。ブログに載せる写真は、仲よくない人との写真です。自分の撮った写真を振り返ると、仲よしとの写真はありません。

 わざわざ仲よしと写真を撮ったりしないのです。

●一流は、どこでも座らない。

 一流は、立っていても、疲れない。

 二流は、パーティーで「椅子がない」と文句を言います。とにかく席を確保して、どこででも座ろうとします。それは、しんどいからです。

 一流は姿勢がいいので、立っていても疲れません。いろいろな人に会うために、常に動きまわっています。その人のところに、いろいろな人が会いに来ます。座っているヒマはないのです。

 二流は、会いに来る人もいないし、自分から会いに行こうともしません。ただモグモグと飲み食いしているだけです。座っているにもかかわらず、どんよりした空気がたまって、疲れてきます。

 これが一流と二流との違いなのです。

●一流は、正論を言わない

 一流は、違う見方ができる。

 一流は、当たり前のことは、あえて言いません。そんなことは、言わなくても分かっているのです。

 二流は、声を大にして当たり前のことを言います。今はインターネットのおかげで、みんながブログを書くようになりました。本になって買いたくなるブログは、当たり前のことを書いていないブログです。当たり前のことを書いている本は、誰も読まないのです。

 情報化社会になればなるほど、当たり前の意見が増えていきます。情報化社会は、みんながいろんなことを言うかというと、逆です。ネット上に流れる意見は、当たり前の正論が多いのです。正論がつまらないのは、「自分は正しい。あなたは間違っている」ということで終わるからです。

 「私は間違っている。これは偏った意見です」と言えるのが、一流です。議論に勝とうとするのが二流です。

 一流は、二流とはレベルが違うので、そもそも議論にならないことが分かっているのです。

 私の講演会でも、質疑応答の時に「私は先生が間違っていると思います」と言う人がいます。その人に対して、私は「間違っています」と言います。その人は、何か議論をしたいのです。

 私は偏った1つの見方を話しているだけです。「これが正しい」とは一度も言っていません。世の中には、ありきたりな正しい意見が多いのです。

 そんな中で楽しいのは、偏った意見です。一流は人と違う見方を優先するので、正論は言わないのです。正論が本にならないのは、みんなと同じことを言ってもつまらないからです。

 マツコ・デラックスさんが面白いのは、辛口だからではありません。みんなと違う意見を言うから、面白いのです。

●一流は、「暑い」「寒い」を言わない。

 一流は、暑苦しさ、寒さを感じさせない。

 私は子どもの時に、「暑い・寒い・痛い・しんどいは言わないこと」と母親に言われていました。「暑い」「寒い」を言うと、母親に叱られます。

 そのおかげで、私は「暑い」「寒い」を言わなくなりました。

 夏場に「よくネクタイしてスーツを着ていますね。暑くないですか」と言われますが、私はまったく暑くありません。「暑い」「寒い」を言わないでいると、「暑い」「寒い」の感覚がなくなるのです。

 クラスのお金持の親友の男の子は、寒い日も半ズボンを履いていました。お金持の家の子どもは半ズボンを履いていたのです。ポケットは、手を入れないように縫いつけられていました。

 私は彼を見て、「僕も半ズボンで過ごそう」と思いました。半ズボンを履いて寒がっていたのでは、お金持や紳士に見えないので、「寒い」も言わなくなりました。

 歯医者さんに行った時は、「痛くなかったですか」と言われて、「思ったほど痛くなかったです」と答えました。起き上がると、私の背中は汗でびっしょりになっていました。それを見た歯医者さんに「ちょっとびっくりしましたね」と言われましたが、自分の中では痛さを感じていませんでした。

 これは、「暑い・寒い・痛い・しんどいを言わない。暑い、暑いと言うから暑いんやで」と母親に言われたことが、私の体の中にしみついていたからです。

「暑い」と言ったからといって、別に温度が上がるわけではありません。一方で、温度が下がるわけでもありません。ただし、雰囲気的に暑苦しさが広がります。

 誰かが扇子をバタバタとあおぎ始めた瞬間に、その場に「暑いんだな」という空気が漂うのです。一流の人は、まず扇子を半開きにします。あおぎ方はレガートで、バサバサという音を立てません。

 二流の人は、扇子を破れるぐらい目いっぱい開いて、速い回転数でバタバタとあおぎます。もともとそれほど暑くない場でも、それによって暑さを感じるようになってしまいます。

 暑苦しさ・寒さ・痛さ・しんどさを感じさせないのが、一流なのです。暑い季節、寒い季節は、チャンスですね。

(中谷彰宏)

(ITmedia エグゼクティブ)

最終更新:7月14日(木)10時46分

ITmedia ビジネスオンライン