ここから本文です

Webメディア「pixiv Spotlight」がリニューアル、名称変更&コンテンツ充実

コミックナタリー 7月14日(木)14時0分配信

pixivが運営するWebメディア「pixiv Spotlight」が、本日7月14日にサイト名を「pixivision(ピクシビジョン)」へと変更し全面リニューアルされた。

【この記事の関連画像をもっと見る】

累計6000万を越えるpixivの膨大な投稿作品の中から、さまざまなテーマに基づいておすすめコンテンツを紹介してきた「pixiv Spotlight」。リニューアル後の「pixivision」では「おもしろいもん観たいじゃん」をキャッチコピーに掲げ、イラスト・マンガ・小説・音楽といった既存のジャンルにとどまらず、あらゆる分野へと紹介対象を拡げる。

また「pixivision」ではクリエイターへのインタビューなど、創作にまつわる独自コンテンツも展開。藤ちょこをはじめとしたクリエイターの仕事場レポート【#DESKWATCH】や、イラストレーターの作品が完成するまでの様子を3分動画で紹介する「◯◯が『描いてみた!』」ほか、多数の企画を随時公開していく予定だ。日本語に加え、英語・中国語(繁体字・簡体字)に対応している。

最終更新:7月14日(木)14時0分

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。