ここから本文です

東京都交通局、105周年記念の1日フリー切符発売…8月1日から

レスポンス 7月14日(木)18時15分配信

東京都交通局は8月1日、都営交通の105周年を記念した企画切符「都営交通105周年記念一日乗車券」を発売する。

[関連写真]

都営地下鉄、都営バス、都電荒川線、日暮里・舎人ライナーが1日自由に乗り降りできる企画乗車券「Toei 1 Day Pass」と、都営地下鉄の路線や主なバス系統などをまとめて掲載した「都営バス地下鉄マップ」をセットにしたもの。「Toei 1 Day Pass」には105周年のロゴが入る。

発売額は大人700円・子供350円。浅草線の浅草駅、三田線の巣鴨駅、新宿線の馬喰横山駅、大江戸線の都庁前・新宿西口・大門各駅の、指定された券売機で販売される。発売期間は8月1日から15日までの予定だが、発売枚数は105周年にちなんで1万500枚限定になる。

「都営バス地下鉄マップ」は、駅長事務室で「Toei 1 Day Pass」を提示すればもらえる。また、乗車券1枚につき1回だけスピードくじを引くことができ、抽選で105周年記念のストラップ付ケースなどがプレゼントされる。

《レスポンス 草町義和》

最終更新:7月14日(木)18時15分

レスポンス

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。