ここから本文です

『魔界戦記ディスガイア』のトークイベント“ディスガイアナイト in 大阪”の詳細情報が決定

ファミ通.com 7月14日(木)19時56分配信

●トークのほか、ライブやドリンク、物販でも楽しめる!
 日本一ソフトウェアが2016年7月23日(土)に開催を予定している『魔界戦記ディスガイア』シリーズのトークイベント“ディスガイアナイト in 大阪”の情報ページが更新され、イベントの詳細が明らかになった。
 トークコーナーで取り上げてほしい質問やメッセージを投稿できる専用フォームや、イベント限定のオリジナルドリンク、販売グッズの情報が公開されたので注目しよう。

 以下、リリースより。

----------

■『ディスガイア』にまつわる質問やメッセージを大募集!
 本イベントでは、シリーズの楽曲を手掛ける佐藤天平さんや『ゆるドラシル』コラボでおなじみの「クローバーラボ」さんよりシナリオライターと広報の方をお招きし、トークコーナーを開催いたします。以下の2つのテーマでトークを予定しておりますので、各出演者への質問やメッセージがある方はぜひ事前に特設ページ内の専用フォームからご応募ください! たくさんのご投稿をお待ちしています。

テーマ1:佐藤天平さんと語らうディスガイアソングトーク!
 佐藤天平さんと熱く語り合う夜を過ごしたい! 今までのディスガイアソングや、発売されたアレンジサウンドトラックのトークなど、ディスガイア音楽に焦点をあてます!

テーマ2:ゆるドラシル×ディスガイアコラボトーク!
 ディスガイアシリーズとコラボを2度行った、スマートフォンRPG『ゆるドラシル』の開発・運営を行う「クローバーラボ」さんが大阪の企業ということで、シナリオライターの川本浩三さんと広報の荻野侑さんにご登壇いただき、コラボトークを実施!今までのコラボを振り返ります!

■ディスガイアミュージック リクエスト企画
 佐藤天平さんに歌って欲しいディスガイアソングランキング!
 5月にイベント特設ページにて皆様にご投票いただいたランキングの発表と、佐藤天平さんによるライブコーナーを実施いたします!あなたの好きなあの曲が生で聴けちゃうかも!?

■オリジナルドリンク情報
 「ディスガイアナイト in 大阪」限定のオリジナルドリンクの詳細が決定いたしました。この他にもフードメニューを準備していますのでお楽しみに!

■販売グッズ情報

◇最速先行販売
【ディスガイアシリーズ主人公ラバーストラップセット】
  イベント価格:3,000円(税込)

2015年秋に実施したディスガイアグッズ企画の投票で、2位にランクインしたグッズが遂に登場!コミックマーケット90での販売に先駆け、本イベントで販売いたします。

◇数量限定商品
ワッペン(プリニーポロVer.)  イベント価格:500円(税込)

Anime Expo 2016にて販売されたプリニーグッズを数量限定入荷! アイロンを使用して布製品に取り付けるワッペンです。本イベントで完売した場合、後日通販等での販売がございませんので、予めご了承ください。

◇再販
キャラクターラバーストラップ 「プリニー」 イベント価格:500円(税込)

この夏、人気のプリニーラバーストラップを再生産いたしました!

その他、各種既存グッズの販売を予定しております。

<イベント概要>
イベント名:魔界戦記ディスガイアシリーズ トークイベント
      「ディスガイアナイトin大阪」

出演者:佐藤天平、川本浩三(クローバーラボ・シナリオライター)、荻野侑(クローバーラボ・広報)、MAGIC BAR 手品家 マジシャン、新川宗平(日本一ソフトウェア・プロデューサー)
※敬称略順不同

開催日:2016年7月23日(土)
18:30開場 19:30開演
※公演は2時間30分前後を予定しております。

内容:トーク/ライブ/マジックショー/グッズ販売/
コラボメニュー、ドリンク販売

会場:MAGIC BAR 手品家 梅田店
   大阪府大阪市北区太融寺町8-17 プラザ梅田ビル1F
交通案内:電車をご利用の方、JR大阪駅より徒歩5分

チケット代:
 前売:全席自由3,000円(税込)
 当日:全席自由3,500円(税込) ※飲食代別

チケットはイープラスより発売中! 購入はコチラから!

最終更新:7月14日(木)19時56分

ファミ通.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。