ここから本文です

avengers in sci-fi、観客圧倒した渋谷クアトロ公演

音楽ナタリー 7月14日(木)15時5分配信

avengers in sci-fiが7月10日に東京・渋谷CLUB QUATTROで全国ツアー「Dune Walk Tour」の最終公演を開催した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

これは彼らが最新アルバム「Dune」を携えて6月から全国各地を回ったツアー。東京公演にてバンドは今作のオープニングナンバー「Departure」でライブをスタートさせ、同期による電子サウンドと、躍動感あふれるバンドサウンドを融合させ独自の世界観でフロアを包み込んでいった。

タイトルトラック「Dune」を緩急のある演奏で届け、観客のテンションを引き上げたバンドは、同じくアルバム収録曲「1994」「E Z Funk」などを次々とドロップ。メンバーの「クソったれな世界に捧げます」という言葉から披露された「New Century」では、不気味なサウンドが入り混じる美しいアンサンブルでオーディエンスを圧倒した。

ライブ終盤では稲見喜彦(B, Vo, Syn)が繰り出すベースのスラップと、木幡太郎(G, Vo, Syn)によるギタースクラッチがかけ合う「Tokyo Techtonix」が披露されたのち、木幡は「音楽を介してじゃないと、1つの場所にこんなに人が集まることはないと思う。またライブで会いましょう」と観客に思いを伝える。バンドはシンセベースの強烈な重低音が響いた「Stranger」、長谷川正法(Dr, Cho)の激しいドラミングが炸裂したハードコアナンバー「Vapor Trail」を連投しステージを降りた。

アンコールで稲見は「このあともライブが決まってるので、無理のない範囲で来てください」と観客を気遣いながら呼びかけたのち、「『俺たちについてこいよ!』とか言ったほうがいいのかな?」とつぶやく。3人はライブの最後に軽快なダンスロックナンバー「Homosapiens Experience」を投下。会場は大きな喝采に包まれた。

また終演後には、メンバーがライブで使用した機材をファンが直接触れられる企画が実施された。実際に楽器を演奏できる貴重な機会であることから、ステージ前にはオーディエンスの長蛇の列ができていた。この様子を楽屋のモニターで見ていた稲見は「これが終わるまで帰れないんです」とうれしそうな様子で話した。

avengers in sci-fi「Dune Walk Tour」2016年7月10日 渋谷CLUB QUATTRO セットリスト
01. Departure02. Yang 203. Riders In The Rain04. Dune 05. 1994 06. E Z Funk07. New Century08. The World Is Mine 09. Sonic Fireworks 10. No Pain, No Youth11. Tokyo Techtonix 12. 20XX13. Citizen Song14. Stranger 15. Vapor Trail<アンコール>16. Still In A Dream17. Homosapiens Experience

最終更新:7月14日(木)15時5分

音楽ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。