ここから本文です

報徳学園が初戦突破 ドラフト候補・才木を完ぺき攻略

デイリースポーツ 7月14日(木)14時4分配信

 「高校野球兵庫大会・2回戦、報徳学園5-1須磨翔風」(14日・ベイコム尼崎)

 報徳学園がドラフト候補の須磨翔風・才木浩人投手(3年)を完ぺきに攻略し、2回戦へ駒を進めた。

 兵庫県屈指の右腕を相手に、試合前のミーティングでは右打者は外角、左打者は内角の直球を狙うよう指示していた。だが一回りして思ったようにボールがこなかったことから、永田裕治監督は「二回り目くらいから好きに打たせた」とフリーに打たせる指示を選手たちに伝えた。

 三回には1年生の小園海斗内野手(1年)が放った安打を皮切りに、佐藤直樹外野手(3年)の適時三塁打で先制。六回に同点に追いつかれたものの、直後に再び佐藤が左翼席場外へ勝ち越しアーチを放り込んだ。

 以降はスクイズや相手のミスにつけ込み、着実にリードを広げていった報徳学園。永田監督は「初戦でこういうゲームができたのはすごく大きい。先発の中本もよく投げてくれたし、佐藤の一発が大きかった」と戦いぶりに目を細めた。

 3点リードの八回からは、右足首を痛めていたドラフト候補のエース左腕・主島大虎投手(3年)が登板。走者を出しながらも得意のけん制球で2度のタッチアウトを奪い「中本に負けないような投球をしたい」と次戦へ向け、表情を引き締めていた。

最終更新:7月14日(木)15時18分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]