ここから本文です

須磨翔風が散る ドラフト候補・才木に日米12球団スカウトが高評価

デイリースポーツ 7月14日(木)14時4分配信

 「高校野球兵庫大会・2回戦、報徳学園5-1須磨翔風」(14日、ベイコム尼崎)

 須磨翔風のドラフト候補・才木浩人投手(3年)が報徳学園戦に先発したが、5失点で完投負け。それでもネット裏に詰めかけた日米12球団25人のスカウトは、公立の星に高い評価を与えた。

 最速145キロの直球を主体に、五回まで1失点に抑えていた才木。だが味方が同点に追いついた直後の六回裏、「何とか3人で抑えようと思って力んでしまった」と先頭の佐藤に本塁打を浴び、投球フォームのバランスが崩れた。

 報徳学園の勢いを止めきれず、ジワジワと点差を広げられた才木。試合後「1番をもらって絶対に泣かないと決めていたんですけど、涙が止まらなかったです」とキャッチボール中に号泣。今後に向けて「もっと真っすぐで押せる投手になりたい」と語った。

 視察したロッテ・永野チーフスカウトは「リーチが長くて、体のサイズもある。体力的な部分で足りないところはあるけど、大化けする可能性を秘めている」と評価していた。

最終更新:7月14日(木)15時18分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月30日(金)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。