ここから本文です

『アイマス』、『アイカツ!』、『艦これ』の世界に浸れる次世代キャラクターカフェ“アニON STATION AKIHABARA本店”内覧会リポート

ファミ通.com 7月14日(木)22時11分配信

文・取材:編集部 北埜トゥーン、撮影:カメラマン 和田貴光

●アニソンをテーマにしたエンターテインメントカフェが秋葉原にオープン!
 2016年7月16日より、東京・秋葉原にオープンする次世代キャラクターカフェ“アニON STATION AKIHABARA 本店”の内覧会が開催された。

 “アニON STATION”はナムコが運営する、アニソンに浸りながら食事やお酒や楽しめる次世代キャラクターカフェとして、全国で6店舗展開されている。そして、このたび7月16日より、東京・秋葉原に新店舗“アニON STATION AKIHABARA 本店”がオープンする。さまざまな作品とのコラボが行われている“アニON STATION”だが、“AKIHABARA 本店”では、オープンに合わせて、『アイドルマスター プラチナスターズ』、『アイカツ!』、『艦これ』の3作品とのコラボが展開。

 本記事では、『アイドルマスター プラチナスターズ』、『アイカツ!』の店内の様子やコラボメニューを写真中心にお届けする。なお、『艦これ』については、別途リポート記事を掲載しているので、そちらをチェックしてほしい。

[関連記事]
艦娘たちと夏を満喫! “『艦これ』×一番カフェ「秋葉原泊地」 艦娘だらけの海の家”内覧会リポート

■アイドルマスター プラチナスターズ コラボカフェ in アニON STATION
 7月28日発売予定のプレイステーション4用ソフト『アイドルマスター プラチナスターズ』とのコラボでは、登場アイドルたちをモチーフにしたドリンクや作中の舞台である合宿所をモチーフにしたフードが用意されている。ドリンクを注文するとコースター、フードを注文するとランチョンマットが1品につきランダムで1枚もらえる。

 同コラボでは、『アイドルマスター』の音楽を静かに聴きながらゆっくりとコラボメニューを楽しめる“カフェタイム”とMCスタッフのナビゲートによる映像と音楽のスペシャル番組を楽しめる“パーティータイム”の2種類のタイプで営業される。カフェタイムは入場フリーとなっているが、パーティータイムは事前予約が必要となっているのでご注意を。

 なお、『アイドルマスター プラチナスターズ』とのコラボは、AKIHABARA 本店のほか、名古屋栄店、札幌エスタ店、博多バスターミナル店でも開催される。詳細は特設ページをチェック!

※アイドルマスター プラチナスターズ コラボカフェ in アニON STATION 特設ページ

■アイカツスターズ!&アイカツ!オールスターズ!LIVEステーション
 『アイカツ!』と『アイカツスターズ!』とのコラボでは、作品中に登場するアイドルやユニットをモチーフにしたドリンクやフードが販売。ドリンクを注文するとコースター、フードを注文するとランチョンマットが1品につき1枚プレゼントされる。

 営業形態は、ゆっくりのんびりコラボメニューを満喫できる“カフェタイム”、友だちや親子でワイワイしながら、スペシャル番組を楽しめる“ラブリーパーティータイム(※)”、MCとDJによるライブパフォーマンスが行われる“LIVEタイム”の3種類。カフェタイムのみ、入場フリーの1ドリンク制。“ラブリータイム”と“LIVEタイム”は事前予約制になっている。

※ラブリーパーティータイムは男性のみでは入場できません。

※アイカツスターズ!&アイカツ!オールスターズ!LIVEステーション 特設ページ

 内覧会の後半には、テープカットセレモニーが行われ、バンダイナムコホールディングス代表取締役社長 田口三昭氏、ランティス代表取締役社長 井上俊次氏、ナムコ常務取締役 川崎寛氏が登壇。テープカット前の挨拶で田口氏は「本施設は、自信を持ってオススメできる最先端の施設だと自負しています。アニソンをテーマにオリジナルのプログラムを本施設のために作りました。声優さんの卵がナビゲートを務めてファンの皆様と交流するという、これまでにまったくなかった施設になっています。いずれはこの施設を進化させて、海外での展開も考えています」と意気込みを語った。

■施設概要
施設名称:アニON STATION AKIHABARA本店
所在地:〒101-0021 東京都千代田区外神田3丁目1-16 ダイドーリミテッドビル 1F(秋葉原駅電気街口より徒歩約6分)
営業時間:11:00~23:00
定休日:不定休

最終更新:7月14日(木)22時11分

ファミ通.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。