ここから本文です

NakamuraEmi「七夕はここで。」1年後の横浜で歌い上げた“メジャーデビュー”

音楽ナタリー 7月14日(木)15時45分配信

NakamuraEmiが7月7日に神奈川・MOTION BLUE YOKOHAMAにてワンマンライブ「NakamuraEmi Motion Blue Yokohama『七夕はここで。~2016~』」を開催した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

2015年の同日に同じMOTION BLUE YOKOHAMAで行われたライブで、メジャーデビューを発表したNakamura。この日の公演は「昨年と同じ日の同じ場所でワンマンライブをやりたい」という彼女の思いから実現したもので、会場には大勢の観客が詰めかけ満員となった。2部にわたって行われた公演のうち、この記事では第2部の模様をレポートする。

ライブは「七夕」でスタート。Nakamuraが優しい声色で歌い出すと、ミラーボールの光の粒が会場全体を照らす。続けてカワムラヒロシ(G)のアコースティックギターをフィーチャーした「Rebirth」がプレイされると彼女の歌声はぐんぐんと熱を帯びていき、オーディエンスも早速大きなかけ声を飛ばして盛り上がった。

多様なパーカッションの音色が楽曲を彩った「スケボーマン」が披露されたのち、Nakamuraは新曲のアップテンポナンバー「大人の言う事を聞け」を披露。鮮やかな照明が明滅する中で、カワムラと美しいハーモニーを響かせる。MCでは昨年の七夕を振り返り「このステージでメジャーデビューの発表をさせていただいて、皆さんが自分のことのように喜んでくださったのが心に残って、『七夕』という曲ができました。私にとっての大事な日にこうしてお越しくださって、本当にありがとうございます」と客席に感謝を伝えた。

またライブの終盤で彼女は「これは数日前にできた曲です。『今日やるべき曲なんじゃないかな』と思って、初めて歌います」と切り出し、新曲「メジャーデビュー」をオーディエンスに届けた。この曲でNakamuraは自身のメジャーデビューにまつわるエピソードや仲間の大切さを訴えるメッセージを情熱的なラップに乗せ、その力強い声に客席からは喝采が送られる。ラストナンバーの「YAMABIKO」では観客による大きな手拍子の音が会場に響いた。気持ちよさそうにこの曲を歌い上げたNakamuraは「今は“1年生”みたいな気持ち。皆さんの生活のどこかに息づいていられるような曲を歌えていけたらうれしいなと思います」と思いを伝えた。彼女とバックバンドのメンバーがステージを去っても会場の熱は冷めず、ライブはアンコールへ。Nakamuraは「明日はみんな笑顔で仕事ができますように」と「モチベーション」をエネルギッシュに歌い、この日のライブを終えた。

NakamuraEmi「NakamuraEmi Motion Blue Yokohama『七夕はここで。~2016~』」2016年7月7日 MOTION BLUE YOKOHAMA セットリスト
01. 七夕02. Rebirth03. 女子達04. スケボーマン05. 大人の言う事を聞け06. No milk, No sugar07. めしあがれ08. メジャーデビュー09. 使命10. YAMABIKO<アンコール>11. モチベーション

最終更新:7月14日(木)15時45分

音楽ナタリー