ここから本文です

「ニュクスの角灯」2巻で高浜寛サイン会&トークショー、里中満智子も登場

コミックナタリー 7月14日(木)15時55分配信

高浜寛「ニュクスの角灯(ランタン)」2巻が7月29日に発売されることを記念し、7月31日に東京・ブックファースト新宿店にてサイン会とトークショー、8月6日に京都・丸善京都本店にてサイン会がそれぞれ行われる。

【この記事の関連画像をもっと見る】

ブックファースト新宿店でのイベントの参加整理券は、同店にて単行本を予約購入した先着50名に配布している。電話での予約も受付中。なおトークショーには、里中満智子がゲストとして出演する。

丸善京都本店でのサイン会の予約も、単行本の予約購入者を対象に店頭、電話の両方で受け付けている。こちらの定員は40名。

「ニュクスの角灯」は海外貿易で賑わう1878年の長崎を舞台に、異国の品々が並ぶ道具店で働く少女を主人公にした物語。高浜初の長編作品として、コミック乱(リイド社)にて連載されている。

高浜寛トーク&サイン会
日時:2016年7月31日(日)14:00~会場:ブックファースト新宿店住所:東京都新宿区西新宿1-7-3 モード学園コクーンタワー地下1階、2階電話:03-5339-7611

高浜寛サイン会
日時:2016年8月6日(土)14:00~会場:丸善京都本店住所:京都府京都市中京区河原町通三条下ル山崎町251 京都BAL地下1階、2階電話:075-253-1599

最終更新:7月14日(木)15時55分

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。