ここから本文です

The BIT、スマホにぴったりのスリムポータブルアンプ「OPUS#11」を発表

ITmedia LifeStyle 7月14日(木)13時14分配信

 韓国のAVデジタルメーカーThe BITは、ハイレゾオーディオプレーヤーブランド「AUDIO-OPUS」から、日本販売商品の第2弾となる「OPUS#11」を発表した。手持ちのスマートフォンと組み合わせ、ハイレゾ音楽を楽しめるDAC内蔵スリムなポタアンだ。価格はオープンプライスで、実売想定価格は2万9800円(税込)。7月下旬から全国のオーディオ専門店などで販売する。

iPhoneとの組み合わせ

 厚さ7.9mmのスリムなアルミニウムボディーは、ほぼ名刺程度の大きさ。ESSの「ES9018K2M」を搭載し、PCM音源は最大384kHz/32bit、DSDは5.6MHzまで(ネイティブ再生)、352.8KHz/24bitまでのDXDといった再生に対応した。「最大118dBのダイナミックレンジと0.005%のTHD+N特性というパフォーマンスを発揮する」(同社)。1400mAhのバッテリーを内蔵し、連続約8.5時間の再生が可能だ。

 USB入力はUSB Audio Class 2.0対応。iPhoneやAndroidスマートフォンなどUSBオーディオ出力に対応した機器と接続できるが、iOSデバイスのLightning端子と接続する場合は別売の「Lightning-USBカメラアダプター」が必要だ。また、OPUS#11は音量調節機能を持たないため、外付けDAC側で音量調節を行うAndroidベースのDAPなどには対応できない。

 本体サイズは、56(幅)×103(奥行き)×7.9(高さ)mm、重量は83g。付属品は、3種類のUSBケーブル(長さ5cmのMicro BーMicro Bケーブル、16cmのUSB AーMicro Bケーブル、80cmの充電/PC接続用ケーブル)など。ACアダプターは付属していない。

 なお同社では、7月16日(土)と17日(日)に東京・秋葉原で開催される「ポータブルオーディオフェスティバル 2016 in 秋葉原」(ポタフェス)にOPUS#11を出品、試聴を行う(B1-22 audio-opusブース)。

最終更新:7月14日(木)13時14分

ITmedia LifeStyle

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]