ここから本文です

世界初挑戦の和気慎吾、21KO無敗の強敵にも「僕には当たらない」

デイリースポーツ 7月14日(木)16時7分配信

 「IBF世界スーパーバンタム級王座決定戦12回戦」(7月20日、エディオンアリーナ大阪)

 同級1位の和気慎吾(28)=古口=が14日、都内で練習を公開した。シャドーボクシングとミット打ちにサンドバッグと、軽めに動いただけだったが、調子の良さをうかがわせた。

 「コンディションはバッチリ。いい感じに仕上がっています。体重もしっかり食べてあと1キロくらいだし、よく動けている」と残り1週間を切った大一番に自信を見せた。

 対戦相手の同級2位ジョナタン・グスマン(26)=ドミニカ共和国=は21勝(21KO)無敗1無効試合の強敵。前日、大阪市内で行われた公開練習では「21人をすべてKOしてきた。次も言わなくても分かるだろう」と挑発された。

 和気は「100%のKO率。パンチの怖さはあるけど、当たらなければしょうがない。僕には当たらないと思う」と断言。「スピードでは負けない。相手のパンチを見切って、当てていく感じですね」と、打たれずに打つ作戦だ。

 古口哲会長は「多少硬くなっても、いい緊張感であればいい。泥臭くても何でもいい。勝って笑って、(ジム所在地の)東京の板橋区にベルトを持って戻ってきたい」と、まな弟子のファイトに期待した。

最終更新:7月14日(木)18時32分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]