ここから本文です

リオ市長「ブラジルにもポケモンGOを」 オリンピック開催を前に任天堂に呼びかける

ねとらぼ 7月14日(木)13時14分配信

 7月13日、ブラジル・リオデジャネイロ市長のエドゥアルド・パエス氏が、ブラジルでもスマートフォン用アプリ「ポケモンGO」を配信するようにFacebookで任天堂に呼びかけました。オリンピックの開催を8月5日に控え、さらなる観光客誘致の狙いがあるものと思われます。

【しかしリオの治安状況は……】

 同投稿は、海岸を歩くクラブや、柔道の会場でキックを繰り出すサワムラーなど、オリンピック会場にポケモンたちが現れたかわいらしい画像が添えられています。約半日で7000件以上の「いいね!」と1500件以上のコメントが集まっており、「ポケモンGO」の注目度の高さがうかがえます。

 しかし、リオの治安の点から、スマートフォンを持っていろいろな場所を歩きまわる「ポケモンGO」は危険ではないかとする声も一部ではあがっているもよう。外務省の海外安全ホームページでも、リオデジャネイロは「外国人旅行者を狙った置き引き、ひったくり、強盗等がコパカバーナやセントロ地区を中心に頻発しています」と書かれています。

最終更新:7月14日(木)13時14分

ねとらぼ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]