ここから本文です

錦織が日清の1日社長に就任 新商品発売にもGOサイン

デイリースポーツ 7月14日(木)16時7分配信

 男子テニスで世界ランキング6位の錦織圭(26)=日清食品=が14日、所属する日清食品の“一日社長”に就任した。都内にある同社の社長室で、大きなイスに深々と腰掛けながら「すごく優越感がある。初めての社長で楽しい」と満足げだった。

 就任して早々、早速仕事をこなした。来週発売予定の「カップヌードル」の新商品3種類を試食。まずトムヤムクン味を手に取った錦織社長だったが…。「(ズルズル)………辛っ!!あまりエスニック系は苦手で…でも本格的な味」。もん絶しながらも、必死にボールを打ち返すように感想を絞り出した。

 次に手に取ったのはシンガポール風ラクサ味で、「これはココナツ風味で甘辛くて、すごくおいしい」と絶賛。続くインドネシアの焼きそばミーゴレン味を食べ、「甘さの中に辛さがあって、辛さが苦手な人にもちょうどいい」と太鼓判を押した。

 辛い食べ物が苦手とあって、本格的なエスニック味に思わず眉をひそめたが、そこは経営者だ。自身の舌よりも優先すべきは消費者目線。社員からゆだねられた商品発売の決裁書に迷うことなくサインし、18日の発売が正式に決定した。

 尊敬する経営者でありリーダーは、サッカー日本代表の本田圭佑。「サッカーであれだけ結果を出している上に、コート外でもあれだけ活動されていて、子どもたちのためにできることを実践されている。スポーツ選手として学ぶことが多くて、とても尊敬しています」。

 貴重な経験となったが、今はテニスに専念する。「社長はたくさんの社員に指示しなきゃいけないし、責任がある」と痛感した様子で、「本業に集中します」と社長の“辞任”を表明。8月はリオデジャネイロ五輪、その後に全米オープンとビッグマッチが控えるだけに、大活躍で“錦織株”を急上昇させる。

最終更新:7月14日(木)17時1分

デイリースポーツ