ここから本文です

亀田、JIRO、KenKen、ハマ、細野の愛器詳細「ベース・マガジン」連載書籍化

音楽ナタリー 7月14日(木)16時52分配信

ベース専門誌「ベース・マガジン」の連載コーナー「MY DEAR BASS」をまとめた書籍「MY DEAR BASS ベーシストが愛してやまぬ“この1本”」が7月25日に刊行される。

【この記事の関連画像をもっと見る】

1990年から26年続いている「MY DEAR BASS」は、著名ベーシストの愛器を紹介する人気コーナー。本には連載全281回の中から約100人のアーティストをピックアップし、新規収録分として亀田誠治、JIRO(GLAY)、KenKen(RIZE)、ハマ・オカモト(OKAMOTO'S)がそれぞれの愛器への思いを語っている。誌面を大きく使った美麗なグラフィックと詳細な解説で送る専門誌ならではの内容とあって、ベースマニア必読の1冊となりそうだ。

「MY DEAR BASS ベーシストが愛してやまぬ“この1本”」掲載予定ベーシスト
亀田誠治 / JIRO / KenKen / ハマ・オカモト / 細野晴臣 / 岡沢章 / 佐久間正英 / 美久月千晴 / 伊藤広規 / 松原秀樹 / IKUO / 高水健司 / 鳴瀬喜博 / 江藤勲 / 岡野ハジメ / TOKIE / IKUZONE / マーカス・ミラー / ブーツィー・コリンズ / スティーヴ・ハリス / レミー / ミック・カーン / ウィル・リー / ジョン・マイアング / アンソニー・ジャクソン / チャック・レイニー / トレイ・ガン / T.M.スティーヴンス / and more

最終更新:7月14日(木)16時52分

音楽ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。