ここから本文です

真壁刀義 昆虫とおばけが怖い 関ジャニ横山のいたずらに胸ぐらつかみそうに

デイリースポーツ 7月14日(木)16時49分配信

 プロレスラーの真壁刀義(43)が13日深夜にカンテレ系で放送された「関ジャニのジャニ勉」(水曜深夜0・25)に出演し、昆虫が大の苦手であることを告白した。関ジャニの横山裕から昆虫のおもちゃでからかわれると、「マジでやめろ!」と胸ぐらをつかみそうなった。

【写真】真壁 「紅白出場」狙う

 真壁は、「世の中で最強の敵はおばけ」と明かし、「電気がついてないと怖くて眠れない」とこわもてとは正反対の一面をのぞかせた。「新日本プロレスの道場って出るんだよね」とも話し、「本当にあった怖い話」を披露した。

 ある日のこと。真壁が夜中に遊び回って寮に帰ってきた。廊下を歩いていると後輩が2人、同時にドアを開けて「いま、道場で誰か受け身とりましたよね」と真壁に問いかけてきた。真壁が「こんな真夜中に近所迷惑。やるやつなんかいないだろ」と思ったものの念のために「ちょっと見てこい」と指示。しかし、真っ暗で誰もいなかったという。

 ほかに苦手なのは高所、金属、猫。バンジージャンプは完全NGで、首に巻いているチェーンはプラスチック製。学生時代に付き合っていた彼女が猫好きでその猫の爪で引っかかれたために猫嫌いになった。

 真壁は「昆虫もだめ。昆虫を触っていた少年時代がすげえ」と話すと、隣に座っていた横山がバッタの形をしたおもちゃをそっと真壁に近づけた。真壁は上体をのけぞらしてひるみ、「お前やめろって!アイドルだけど胸ぐらつかみそうになった」と、まくしたてていると、また別のメンバーが昆虫のおもちゃでいたずらをした。真壁は「やめろ!マジでやめろ。やめろよ。やめろやめろやめろ。気分悪くなった」と眉間にしわを寄せた。

最終更新:7月14日(木)18時49分

デイリースポーツ