ここから本文です

川栄李奈「消えたい…」発言に芥川賞作家・羽田氏も心配顔

東スポWeb 7月14日(木)21時59分配信

 元AKB48で女優の川栄李奈(21)と芥川賞作家の羽田圭介氏(30)が14日、都内で行われた海外ドラマ「SCORPION/スコーピオン シーズン2」プレミア試写会に出席した。

 同作は、トータルIQ700の天才4人組が最新テクノロジーを駆使して難事件に挑むストーリー。物語にちなみ、報道陣から「手に入れたい特殊能力は?」と質問された川栄は「透明人間になりたい。消えたい…」と意味深な回答で周囲をざわつかせた。

 同席した羽田氏が「何かあったんですか?」と心配顔で聞くと、川栄は「ちっちゃいころから透明人間になりたくて。たまに消えたくなる時ってあるじゃないですか? だから、一度(透明人間を)やってみたい」。

 不安を増長させる川栄の回答に羽田氏も苦笑するしかなかった。

 もっとも、先月18日に行われた「第8回AKB48選抜総選挙」で、初の連覇を達成したHKT48の指原莉乃(23)の話題になると、川栄は「天才だと思います。バラエティーとかも本当に面白いですし、人気もあるし、まとめる力もある。そんな特殊能力が欲しいですね」と絶賛した。

 また、羽田氏のような才能のある男性は「恋愛対象か?」と聞かれ「私は天才じゃないので、天才な人は一歩引いちゃう。違う人間のような感じがする」と尻込みした。

最終更新:7月14日(木)21時59分

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。