ここから本文です

【フレッシュ球宴】MVP岡本が優秀選手賞・オコエを絶賛「すごいなと思った」

東スポWeb 7月14日(木)23時35分配信

【フレッシュオールスター(14日、倉敷)】最優秀選手(MVP)は勝利した全イースタンから巨人・岡本和真内野手(20)が選ばれた。

 豪快な3ランを放つなど4打数2安打3打点の大暴れで、MVPの栄誉を得た岡本は「オコエ君だと思ってました。やるからにはMVPと思ってましたけど、本当に取れたのでビックリしました。持ってる? そういうのは気にしてない。オコエ君はすごいなと思いました。エキストラはエキストラなりに頑張れたかな」と謙遜した。

 賞金100万円の使い道については「後輩にごちそうしたい」と気前のいいところも見せた。そして「この試合はこの試合と切り替えてやりますけど、こういう舞台で打てたのは勉強になった。公式戦が始まったら気を引き締めてやりたい。次は一軍で結果が出せるようにしたい」と後半戦に向けて意気込んだ。

 また、優秀選手には全イから楽天・オコエ瑠偉外野手(18)と全ウエスタンから阪神・板山祐太郎外野手(22)が選ばれた。

 5打数3安打1打点で猛打賞&三盗の大活躍を見せたオコエは「来年以降は上(一軍)のオールスターを狙っていきたい」とキッパリ。一方、2回に全ウ唯一の得点となったソロ本塁打を放った板山は「切れるかと思ったけど入ってよかった。(賞金の)50万円は独り占めです」と試合前に掛布雅之二軍監督(61)から提案された“賞金山分けプラン”を却下し、ニヤリとした。

最終更新:7月14日(木)23時35分

東スポWeb

スポーツナビ 野球情報