ここから本文です

KERAのジャズ編成ソロライブが音源化、有頂天ワンマンで先行発売

音楽ナタリー 7月14日(木)18時3分配信

KERAが3月に東京・Billboard Live TOKYOで行ったソロライブが音源化。ライブアルバム「12th. Street Swing~live At Billboard Tokyo 20160313~」となって8月24日にリリースされることが決定した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

このライブは、今年1月にリリースされたおよそ27年ぶりのソロアルバム「Brown, White & Black」の発売を記念して実施されたもの。ホーンセクションを含む合計17名による大編成のステージで、ジャズを基軸にしたアルバム「Brown, White & Black」の楽曲を中心に、LONG VACATION時代の楽曲「いつか聴いた歌」やバート・バカラックのカバー「What's New Pussycat?(何かいいことないか子猫チャン)」などが披露された。アルバムにはアンコールを含む全18曲が収録される。

KERAのバンド・有頂天が8月13日に東京・新宿LOFTで行うワンマンライブ「カフカ&ニーチェ到着前夜祭ワンマンライブ」では、このKERAのライブアルバムが先行販売される。

KERA「12th. Street Swing~live At Billboard Tokyo 20160313~」収録曲
01. Overture02. Old Boys (SWING)03. What's New Pussycat?(何かいいことないか子猫チャン)04. 月光価千金05. 半ダースの夢06. Shine07. これでおあいこ08. ミシシッピ09. 流刑地10. バラ色11. 東京の屋根の下12. Lover, Come Back to Me13. 学生時代14. 俗界探検隊15. 地図と領土16. いつか聴いた歌17. 復興の歌18. フォレスト・グリーン(或いは、あの歌をいつか歌えるか)<メンバー>ケラリーノ ・サンドロヴィッチ(Vo)/ 重住ひろこ(Cho / Smooth Ace)/ レモン(Cho)/ 佐藤真也(Key)/ 伏見蛍(G)/ 坂出雅海(B / ヒカシュー)/ 川村成史(Dr)/ 杉山圭一(Manipulator / ケラ&ザ・シンセサイザーズ)/ 織田祐亮(Tp)/ 上石統(Tp)/ MAKOTO(Tp)/ 湯浅佳代子(Tb / WUJA BIN BIN)/ 和田充弘(Tb)/ 前田大輔(Tb)/ 藤田淳之介(Sax / TRI4TH、ATOM SAXOPHONE QUARTET)/ ハラナツコ(Sax)/ 上原弘子(Sax)

有頂天「カフカ&ニーチェ到着前夜祭ワンマンライブ」
2016年8月13日(土)東京都 新宿LOFT

最終更新:7月14日(木)18時3分

音楽ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。