ここから本文です

マツダ「アクセラ」大幅改良 1.5リットルディーゼル追加、新たな車両制御技術を搭載

ITmedia ビジネスオンライン 7月14日(木)15時42分配信

 マツダは7月14日、スポーツコンパクト「アクセラ」を大幅改良し、同日から順次発売すると発表した。1.5リットルのディーゼルエンジンを追加したほか、自然で滑らかな車両挙動を実現する制御技術を初めて搭載した。価格は176万400円(税込)から。

【新アクセラスポーツのインテリア】

 クリーンディーゼル「SKYACTIV-D」では、ノック音を減らす改善を施した。1.5リットル「SKYACTIV-D 1.5」は、最高出力77キロワット(105PS)/4000rpm、270N・m/1600~2500rpmを発生。JC08モード燃費は21.6キロ/リットル(6EC-AT時)となっている。1.5リットルディーゼルはハッチバック「アクセラスポーツ」に設定され、230万3640円~268万9200円。

 新制御技術「G-Vectoring Control」では、ドライバーのハンドル操作に応じてエンジンの駆動トルクを緻密に変化させ、横方向と前後方向の加速度を統合的にコントロールする。タイヤの接地荷重を最適化し、「人間の身体感覚に合った自然で滑らかな車両挙動を実現する」という。特に降雪・降雨時などの滑りやすい路面で高い効果を発揮し、操縦安定性を向上させるという。

 同技術は日立オートモティブシステムズの技術「G-Vectoring」のアルゴリズムを基にマツダが開発した。「エンジンでシャシー性能を高める新発想の制御技術」だとしている。

 「交通標識認識システム」を初採用。速度標識から認識した制限速度をディスプレイに表示し、超過すると点滅するなどして警告する。進入禁止や一時停止も認識してドライバーに注意を促す。

 ハッチバック「アクセラスポーツ」。セダン「アクセラセダン」の2タイプ。アクセラスポーツは1.5リットルガソリンエンジンが176万400円~235万9800円、1.5リットルディーゼルが230万3640円~268万9200円、2.2リットルディーゼルが278万1000円~331万200円。アクセラセダンは、1.5リットルガソリンが176万400円~235万9800円、2.2リットルディーゼルが278万1000円~331万200円。

最終更新:7月15日(金)13時5分

ITmedia ビジネスオンライン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]