ここから本文です

巨人・岡本が手にしたMVPの勲章 過去の受賞者にイチロー、青木ら

デイリースポーツ 7月14日(木)21時33分配信

 「フレッシュ球宴、ウエスタン選抜1-6イースタン選抜」(14日、マスカットスタジアム)

【写真】左越えに3ランを放つ巨人・岡本

 イースタン選抜の4番に座った岡本和真内野手(巨人)が、一発を含む2安打3打点の活躍でMVPに輝き、賞金100万円を獲得した。過去の受賞者には、イチロー(当時は鈴木一朗)、青木といったメジャーリーガーも名を連ねており、今後は岡本が偉大な先輩たちに迫れるかが注目される。

 三回の第2打席で左前打を放ち、迎えた五回の第3打席だった。チームメートが連打でお膳立てした無死1、3塁の美味しい場面。スライダーを高々と打ち上げると打球はレフトポール際に吸い込まれた。

 まさに長距離打者の弾道。野球少年に戻ったような笑顔でダイヤモンドを一周した岡本は「少し先っぽだったけど、いい感じに飛んでくれた。普段とは違う雰囲気で、楽しんでできている」と声を弾ませた。

 伝統球団である巨人で、待望の生え抜き和製大砲候補として大きな期待を背負う。しかし、2年目の今季は1軍でわずか3試合10打席の出場。若き日のイチロー、青木、中田(日本ハム)らと同じ「勲章」を殻を破るきっかけにしたい。

最終更新:7月14日(木)22時27分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]