ここから本文です

【NBA】ウルブズ、J.ヒルと2年800万ドルで契約合意

ISM 7月14日(木)16時10分配信

 ミネソタ・ティンバーウルブズが現地13日、フリーエージェント(FA)のフォワード、ジョーダン・ヒルと総額800万ドル(約8億4,000万円)の2年契約に合意したことが関係者の話で分かった。

 ウルブズはヒルとの合意に先立ち、同日にコール・オルドリッチ(クリッパーズからFA)と総額2,200万ドル(約23億2,000万円)の3年契約を結んでおり、カール・アンソニー・タウンズ、ゴーギー・ジェンの控えメンバーを確保することに成功した。

 また、チームはフロントコートに、若手のメンタ―である40歳のケビン・ガーネット、同じくベテランのニコラ・ペコビッチ、来季に3年目を迎えるエイドリアン・ペインも擁している。

 ヒルは7年目の昨季、インディアナ・ペイサーズに所属し、1試合平均8.8得点、6.2リバウンドをマーク。リバウンドと守備に定評があり、まさにトム・ティボドー新HCが求める2つの資質を兼ね備えている。

 ヒルの獲得により、ウルブズのロースターは上限の15名に達した。(STATS-AP)

最終更新:7月14日(木)16時10分

ISM

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。