ここから本文です

『テニミュ』3rd 青学vs氷帝公演スタート 古田一紀らが意気込み

オリコン 7月14日(木)21時10分配信

 人気ミュージカル「『テニスの王子様』3rdシーズン 青学vs氷帝」の東京公演が14日、東京ドームシティホールで開演した。公演に先立ち、主人公・越前リョーマ役の古田一紀、手塚国光役の財木琢磨、跡部景吾役の三浦宏規が意気込みを語った。

【写真】役衣装で登場したテニミュのキャスト

 同作は、1999年から2008年3月まで『週刊少年ジャンプ」(集英社刊)で連載されていた大ヒット漫画『テニスの王子様』を舞台化したミュージカルシリーズ(通称テニミュ)。本公演でテニミュを卒業する青学(せいがく)8代目と氷帝キャストが、関東大会1回戦の熱い戦いを繰り広げる。

 古田は「僕たち青学の卒業公演になっていますが、気持ちとしてはずっと言っていた1公演1公演大切に、丁寧にというのを曲げずに最後まで頑張りたい」と力を込める。見どころとして自身が帽子をとるシーンをあげると「今までアクシデントで取れたことはあったけれど、やっとオフィシャルで帽子を取ることができた。リョーマが強敵と戦うときは帽子を取るので、そこを観てほしい」とアピール。

 財木は「集大成をこの公演にぶつけるので、熱い公演をぜひ観に来てください」と呼びかけ、三浦は「氷帝らしさで3rdシーズンを盛り上げていきたい」と話していた。

(C)許斐 剛/集英社・NAS・新テニスの王子様プロジェクト
(C)許斐 剛/集英社・テニミュ製作委員会

最終更新:7月14日(木)21時10分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。