ここから本文です

漫画家・桂正和氏『とと姉ちゃん』出演 三姉妹の描きおろしイラストも

オリコン 7月14日(木)12時43分配信

 『電影少女』『ZETMAN』などで知られる漫画家の桂正和氏(53)が14日放送のNHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』(月~土 前8:00 総合ほか)第88回に出演。ヒロイン・常子(高畑充希)ら三姉妹が作った雑誌『スタアの装い』を売る本屋として登場した。また、ドラマ公式サイトでは桂氏が描きおろした常子・鞠子・美子、小橋家三姉妹のイラストが公開されている。

【画像】桂氏がキャラ原案のアニメ『TIGER & BUNNY』 声優にも挑戦

 同ドラマの脚本を務める西田征史氏がシリーズ構成を手がけたアニメ『TIGER & BUNNY』(2011年)で、桂氏がキャラクター原案を担当した縁もあり今回の出演が実現。「懐が広いスタッフ方々および、脚本の西田さんのおかげでドラマに参加でき、大感激しています」とコメントした桂氏。「いざ撮影となると頭が真っ白になるくらい緊張してしまい…すいませんでした。画面上、変な違和感を出してなければいいのですが…」と恐縮しつつ撮影を振り返った。

 出演を記念し描きおろした三姉妹の似顔絵については「ありがたいことに三姉妹の似顔絵の依頼をいただきまして、これは恩返しをするチャンスだ! とばかりに、感謝の気持ちを込めて描かせていただきました。このドラマから僕が感じている、柔らかく優しい空気を出せるよう描きました」とイラストに込めた思いを明かしている。

 イラストは、ドラマ公式サイトの特集ページで“特製アイコン”としてダウンロードできる。

最終更新:7月14日(木)15時19分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。