ここから本文です

岡田将生、デビュー10周年で初の単行本 未公開フォトもたっぷり掲載

オリコン 7月15日(金)12時0分配信

 俳優の岡田将生(26)が俳優デビュー10周年を記念した初の単行本『未来の破片(はへん)』(ギャンビット)を発売することが14日、わかった。

【画像】浴衣姿や無邪気な笑顔…未公開フォトもたっぷり掲載

 2010年から現在にかけて雑誌『CUT』『anan』『MEKURU』で発表した連載を再構成。生い立ちを語ったロングインタビューとともに、その時々の素直な気持ちをつづった岡田将生の7年分の言葉を収録している。

 写真家・SUGI氏がこれまでカメラに収め続けた未公開の写真もたっぷりと掲載。ページをめくるごとに、岡田のあどけなかった表情がどんどん大人へと変化していく「プライベートアルバム」のような感覚が楽しめる。

 同書は岡田の27歳の誕生日である8月15日に、東京・タワーレコード渋谷店で行われる発売記念トークイベントにて先行発売。同月25日ごろより全国書店、ネット書店にて発売予定。トークイベントの参加方法など詳細は、雑誌『MEKURU』公式サイトに掲載される。

最終更新:7月15日(金)12時0分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。