ここから本文です

ハローキティと“経営の神様”がコラボ ヒット本『道をひらく』特別版で

オリコン 7月15日(金)11時1分配信

 サンリオの人気キャラクター・ハローキティを起用した松下幸之助さんの随想集『ハローキティの「道をひらく」』(PHP研究所・税抜1000円)が25日、発売される。表紙はもちろんのこと、中面にもハローキティを配している同書。ターゲットとしているのは、オトナ女性や若い男女で、癒しと勇気を与える“メッセージブック”として再編成されている。

<写真>力強い文章の周囲にハローキティが 中面のデザイン

 数々のコラボレーション企画でファンを仰天させてきたハローキティが、ついに“経営の神様”とタッグを組んだ――。戦後ビジネス書の大ベストセラー作品として知られる『道をひらく』は、パナソニック(旧松下電器産業)グループ創業者の松下幸之助さんが1968年に発表。人としてどう生きるべきか?という人生の指南書的な内容も多く、最近では同書の言葉に癒され、励まされるという新たなファンが増加。特に女性の購入者が増えていることから、同社はこれまでにも裏面に花柄をあしらった“リバーシブルカバー”を作るなど、女性ファンに向けた対応を行ってきた。

 今回の企画は同社創設70周年を記念して作られる特別バージョン。若い世代や女性ファン獲得につながるよう、誕生から40年以上経った今もサンリオキャラクター大賞で上位に入るほどの人気を誇る、ハローキティに白羽の矢を立て、熱烈オファーを行ったという。

 内容は『道をひらく』『続・道をひらく』の2冊の中から、「縁あって」 「志を立てよう」「素直に生きる」「時を待つ心」など、若い世代に伝えたいメッセージを抜粋して構成。表紙の装丁も濃紺に赤い帯が引かれた重厚なオリジナル版とは異なり、パステルイエローに今もなお根強い人気を誇る“1970年代ハローキティ”をあしらった、愛嬌のあるポップなデザインに仕上がっている。

最終更新:7月15日(金)11時9分

オリコン