ここから本文です

清春、「BABYLON BAR」を六本木にオープン

BARKS 7月14日(木)21時53分配信

清春がプロデュースするバー「BABYLON BAR」が、六本木にグランドオープンする。

◆BABYLON BAR画像

“紫の背景に浮かぶ蝶”……2000年にリリースされたサッズの名盤『BABYLON』のジャケットだ。このアルバムタイトルと同名のバーが今週、東京・六本木にグランドオープンする。

かねてより飲食店のプロデュースへ関心も持っていたという清春が、内装、装飾、照明に至るまですべてのセレクトとジャッジをし、まずは第一段階としての完成に至ったという店内。ドアを開けると、まずは一面紫色の壁が目に飛び込んでくる。そして真赤なレザーチェアと黒いロングカウンター。アンティークの燭台とキャンドルアーティストROYAによるキャンドルの炎が薄暗い店内を揺らし照らす。VIP BOXは更に怪しくも華やかな内装となっており、まさに清春がイメージするバビロンというアルバムの世界観を具現化、という印象だ。勿論、店内に流れるBGMも清春がセレクトし薄暗い照明と共により濃厚なムードを演出する。

このBABYLON BARは基本的には会員制となり、年会入会費を支払えば誰でも入会は可能だという。会員は誕生会などのお祝いプランも利用出来るとのこと。

また、楽しくもゆったりとした濃厚な時間を過ごす為にも種類豊富なドリンクメニューは魅力的であり、リクエストに応じてアレンジもしてくれるという。音楽ファンの為の集いの場としても大人の遊び場としても知っておいて損はない、新たな名所となるかもしれない。

なお、7月31日まではオープンフェアとしてドリンクサービスチケットの配布も予定されている。この機会に、バビロンバーへ足を運んでみてはいかがだろうか。

■BABYLON BAR
東京都港区六本木3-13-10幸田ビル9F
TEL:03-5413-3217
OPEN 19:00 - 29:00
babylon-bar.com/

最終更新:7月14日(木)21時53分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。